非常灯 ”要是正”について

建築設備定期検査で「要是正」となった非常用の照明装置の

”バッテリー交換” ”器具交換” お任せください!

「電気工事士」と「建築設備検査員資格者」の有資格者が承ります。

施工後の「改善報告書」作成いたします。

”非常灯”は、万が一火災や災害が起きたときに避難経路を照らす”命の灯り”となります。『バッテリー不足や経年劣化による器具交換が必要』と判断された場合にはなるべく早く交換しましょう。

交換作業後には「改善報告書」を提出する必要があります。それには「建築設備検査員」か「一級・二級建築士」による改善状況の確認が必要となります。

ひまわり電気設備は「建築設備検査員」と「電気工事士」の両方の資格を持つ技術者が交換工事いたしますので、迅速にかつ低コストでお任せいただけます。

 

非常灯バッテリー交換例

交換前 不点灯 バッテリー交換中 交換後 正常点灯

非常灯器具交換例

交換前 交換後

非常灯交換について

管理会社・オーナー様へ

 

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

045-585-4472

お問合せ

 

更新日:

Copyright© 非常灯・建築定期報告・防災設備点検工事はひまわり電気設備へ , 2019 All Rights Reserved.